上級者向けの雪山

th (64)雪山登山は登山の中でも特に危険です。あの富士山ですら雪の季節は難易度が一気に跳ね上がりますし、実際、死亡事故の殆どは雪の季節に起きます。雪山登山の危険は色々ありますが、純粋に足元が不安定で滑落しやすいとうのがまず挙げられます。

次に、雪に隠されたクレバスなどが見づらくなるといった地面に雪がある事が引き起こす問題。さらには雪がふることで視界がホワイトアウトし、道がわからなくなるといった視認性の問題などがあります。雪山では一旦ルートを外れると復帰が非常に難しいです。
整備されてロープが貼られた山ならばともかく、ない場合は雪が止むまでじっとしておく以外に現実的にできることが何一つありません。テントや雪穴を使ったビバーグでなんとか一晩超すしかありませんし、それが出来ないなら命の危険が出てきます。
初心者がそこまで危険が大きい所に言っことも無いかと思いますが、もし雪の季節にある程度高難易度の山に挑むことになったら、事前にしっかりと雪山登山に関するトレーニングを受けておいて、いざというときにちゃんと対処ができるようにしましょう。

▼おすすめのサイト

部分切開ならこちら
引用元: http://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/ope/bubunsekkai.html
二重の部分切開法(マイクロ切開法)とは、脱脂法と埋没法を組み合わせた二重まぶた術で、埋没法では糸が取れてしまう方にお薦めです。傷が目立たず、半永久的に維持ができ、自然な仕上がりになります。
Google
https://www.google.co.jp/
Amazonで楽々ショッピング
http://www.amazon.co.jp/
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.